Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

飽和状態~完成へ

0120-1.jpg机の上が汚いっ!
汚し作業が佳境に入ってくると、色々な塗料やら材料やらを取り出してくるので、どうしても机の上が煩雑になってくる。まぁ、致し方無いことなんだけど、やっぱり有る程度整理されていた方が、作業能率(~あれっ!? どこだっけ?が少なくなる)が良いので、少しだけ整理整頓。
汚い状態を記念撮影!パチリ。

0120-2.jpg僕にとっての最大の難関、足回りの汚し。
最初パステルを粉末状にして、アクリル溶剤でどろどろにし、ベタベタと塗りつけていった。ところが、色合いが車体上部と合わず、そこから混沌とした作業を連続。もう気分的に飽和状態になってきたあたりで、やめることとした。
なんせ、掟破りの、パステル汚しの痕にフラットクリアー吹いたりもしちゃいましたから(笑)。油彩のフィルタリング、筆でゴシゴシしすぎて剥げちゃったところをエナメルでリペイント。さらにパステルをこすりつけたりを幾度と無く繰り返し・・・・まぁ、こんなもんでしょう。
0120-3.jpg初めての米戦車汚し作業としては、まぁ、及第点をあげられるんじゃないか?と。
しかし、実を云うと、上部転輪と転輪の奥は全く手つかず状態(汗)
だって、フェンダースカートが付いてるおかげで、あまり見えないんだもん。さらに、今回陰になる部分は極めて黒に近い色で暗部を表現しておいたおかげで、真横から見上げるように見ない限り見えないので、(足回りの汚しも飽きてきたし・・・)思いっきり手を抜くこととしちゃった。

0120-4.jpg後ろ周りは、キャタピラで巻きあがった埃を再現しようと、少しきつめにパステル汚しを加え・・・
なんか、凄く難しいですネ。
こういう表現と、足回りを何時汚すか?が今後の課題かな。


0120-5.jpg真横からパチリ。
戦車は砲身が長い分、写真を撮るのが難しいです。
残すは燈火類の塗装、キャタピラの剥げ表現と、アンテナ工作くらいかな。でも、こうして見ると、やっぱり車載品テンコ盛りの方が、アメ車らしいですね。今回は思いっきり手を抜いてしまったケド。
そうそう、やっぱり兵隊さん1体をそばに立たせようかな~。

目次
閉じる