Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

ひょっとして、、完成するかも!

0211-1_2014021113372306c.jpgひと月近く更新をサボってしまいました(^^ゞ
牛歩の如くではありますが、チョコットずつ製作は進んでおります。
機体を張り合わせ、主翼部分を組んで機体に接着。ところが、飛行機モデラーの諸先輩方は、このようには組まないそうです。というのも、折り畳み翼の部分を後組みすると、どうしても前後にズレが生じてしまったりして、世界のTAMIYAといえども合わない部分が出る可能性があるとのこと。
基本的に、折り畳んだ状態で作らないのであれば、主翼上面部分は上面部分で接着し。主翼下面部分は下面で接着し、最後に上下を合わせるのだそう。
う~ん、勉強になるなぁ。

0211-2_201402111337240a0.jpgまぁ、組んでしまったものは仕方ありませんから、このまんま続行!。
が、このキット、結構表面が荒れてる。主翼部分でも、裏側にリブがあったりすると、写真の矢印部分のように、全体がなんとなくヒケてる箇所が何箇所か。
ペーパーに当て板をあてて、一皮むいてやる感じでやすれば、大方OKなんですが、一部は取りきれず、瞬接+硬化剤のお世話になる箇所も数箇所あり。
モールドが繊細なので、ヤスリあてるのも結構時間が掛かります。

0211-3_2014021113371887d.jpgで、主翼を慎重に・・・ずれないように細心の注意を払って接着。あわてず焦らず。何回かスリ合わせをしたら、かなりぴったりに接着することが出来た。
ところが、脚室隔壁の一部が未塗装状態になってしまった(汗)
あとでリペアすることにしましょう。

0211-4_20140211133720bc1.jpgフラップも説明書通り組み立て、表面処理を行い。影になってしまうと思われる部分に色を載せ接着。
ここは思いのほか接着面積が少なく、しかもフラップが降りている状態なので力を受けやすく、接着にはことのほか苦労した。
そのほか、脚扉や増槽やらの組み立ても終了。
増層の取り付け部分は主翼の方に接着。

0211-5_201402111337226fe.jpgエンジン。
プラグコードくらい追加工作しようかなぁ~と思ったけど、友人のマストさんにお伺いしたところ気筒あたり2プラグだそうで、とっても面倒。で、今回は基本ストレート組に徹しようと自分を納得させ、追加工作一切なし(笑)。
ガンメタを吹いて、メッキシルバーNEXTをパァっと吹いて。こんな感じ。
この後、墨入れ、クリヤーブルーとクリヤーオレンジで表情をつけて、まぁこんなもんでしょ!

0211-6.jpg当初はカウルフラップを開いた状態にしようと思ってパーツ整形していたんだけど、フラップの隙間からチョコット見える排気管の塗装をどうしようか悩み。潔く閉じた状態に。
こうしてみると、かなりの長っ鼻ですね~。

0211-7.jpgエンジンはこんな感じ。
まぁまぁ、、、だよね!?
ひょっとすると、コレは完成するかも知れない。ぞ。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: b2ccf37a297384fd6d93783296edc0f0
    大戦機はかっこいいですね。
    人様が作ってるのを見るとウズウズしてきます~

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    何十年ぶりの飛行機。ホントに完成するかも!?
    現在ハゲハゲ塗装のシリコーンバリアーなるものの到着待ちなり。
    全く違うジャンルのを作るのも、コレ楽し。だよね!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる