Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

アートな世界を目指して(嗤)

ずいぶん長いこと不ログをほっとらかしにしてしまった。

まぁ、人生谷あり谷ありでうまくいかないことばかりな訳で。
プラス自宅のPCがセブンとテンを両方使おうとして結局ファイルがあっちゃこっちゃ散らかってしまい。そのうち段々と写真をブログ用に変換して記事書いてって作業が億劫になって。FBの方が断然楽だから、ついつい其方で浪費する時間が長くなり。
そんな中、テンの不穏なうわさ話を耳にしたのをキッカケに色々調べてみて、テンのタワーはUbuntuに。セブンのタワーにはSSDを導入してクリーンインストール再構築と、ここ一ヶ月くらい時間をみては久しぶりにPCの前に座ることが多かった。
セブンもいつまで使えるか分からない。しかもクリーンインストールしたのにUpDateがうまく動かないというおまけが付いて(数日かけて解決はしたけど)、ますます「リンゴ」に乗り換える日が近づいてきたような気配。Ubuntuの弱点は音楽系のiThuneが動かないこと。これは致命的だから、まぁ財布の中身と相談しつつ、使えるうちはセブンを使おうと。
で、せっかくクリーンインストールもしたことだし、ちょっと前に戻ってブログも更新しようと。いつまで続くかなぁとは思うけどねー。

この間にずいぶんたくさんのキットに手をつけたんだけど、一つとして完成してない(^_^;)
まぁ、今年の静岡で感じた「模型の世界にアートを」的なアプローチで何か一つ完成させたい、と思ってタミヤの名作「クルップボクサー6輪軽トラック」を引っ張り出してきた。
20160906_1.jpg これでどうやってアートな世界を表現しようとしているのは、コッチ置いといて(笑)
まずは、この名作キット自体をチェック!
20160906_2.jpg 一応小鹿タミヤ時代の、所謂当時もの?

20160906_3.jpg 定価も850円。
現在再販されているのは定価2000円ですから、当時は安かったんですねー。
ちなみにMMナンバーは104。現行は317になっているようです。

20160906_4.jpg当時この付属品、パンツァーシュレックには狂喜乱舞した記憶が鮮明で、この部品欲しさに何台も「クルップボクサー」を買ったもんです。

愛称「クルップボクサー」というのはタミヤ命名なんでしょうかね?

20160906_5.jpgということで、当時を思い出しつつ。と言っても当時は一台も完成させてないんですが~まぁいいや。童心に返ってボックスストレートでとパチパチと部品を切り出し仮組みしてみれば、さすがタミヤ、ささっと・・・いかない(笑)。型の疲れが随所に現れている感じで、特にパーツの断面と押し出しピン跡。ここはなんとかしようと瞬接硬化剤を駆使して工作。
スペアタイヤカバーの淵の薄さなど、今みてもすばらしいと思います。

が・・・説明書の完成写真でもおや?っと思ったんだけど、ここまできてやっぱり何かが違うことを確信。
フロントフェンダーの位置が高くね?

20160906_7.jpgで、具具ってしまった。

あー見てしまったものは仕方ない(画像はネットから借用させていただきました)。

ただ、細かいところが違うようなので、この個体がタミヤがキット化したものと同一年式のものかという疑問は残るけどね。

20160906_8.jpgそして、決定的な写真を発見。

フェンダーとボンネットを繋ぐ部分の位置。明らかにボンネットより下からフェンダーに繋がっているように見えるんだけど・・・

20160906_6.jpgあー。 やっぱり気づかなかったコトにしようかなー。ほんのチョピっと下だと思うなぁ。

やば、、ここで手が止まらないようにしないと(^_^;
アートな世界どころぢゃなくなる。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる