Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

沙綾形(さやがた)?

20180917_1.jpg一週間考えました(笑)

まぁ、こんなもんだろうと諦め、このまま作るコトに決め。1000番の耐水ペーパーで研ぎ始めたものの、アクセルのクリアーは硬いのでなかなか削れない。そこで、タミヤのフィッシングペーパーの1000番に切り替えてルーフを研ぎ始めたところ・・・やっちゃいました(汗)

思いの外上塗りしていたクリアー総が薄かった。しかもクリアーイエローを加えて色味を変えたことをスッカリ忘れ。写真で解るかなぁ。少しだけまだらに見えるよね~。

もうドウしようもない。シンナー風呂入浴かなぁ~と。

20180917_2.jpgちょっとアタマを冷ますため、目先を変えてメッキを剥がしてみたり。

タミヤのこのキットのメッキはキッチンハイターですぐに落ちてくれた。パーツが元々赤いため、メッキもなんか奥の方が赤っぽかったので、テールライトの反射鏡の部分のパーツも一緒に落とすことにした。

20180917_3.jpgちょっと気持ちが落ち着いたので、ルーフだけの塗り直しが出来ないか、ボディを研いでみたら、まぁ、なんとかなりそうな雰囲気になったので、ルーフとボンネットだけ塗り直すことに決定!(笑)
で、色味にはかなり悩んだんだけど、和の「沙綾形」っていうのかな~卍の模様を塗ってみようと思い立った。
最初は、縮小画像を元に切り出そうとしたけど、貼るのが難しそうだ。ということでチマチマ細切りしたマスキングテープを貼り込んで行くことに。

20180917_4.jpg最初は幅2mmで貼り始めたんだけど、ちょっと大きい(笑)。ということで半分のマスキングの幅1mm、ライン間を2mmとした。

しかし、かなり面倒。当初全面模様を目指していたものの、敢えなく撃沈しちゃいました(汗)

20180917_5.jpgそして二回目の全面マスキング。

色は「藍」を目指す。ボンネットは焼き物のちょっとゴールドっぽい黒。

なんか、チンドンヤになる悪い予感。

20180917_6.jpgアクセルのかなり粗めの銀を軽く乗せる感じで吹く。
あまり厚くすると、その後の段差が残っちゃうかも知れないからね。

ボンネットは黒にガイアの金とカッパーを適当に混ぜて。もう少し黒っぽかった方が良かったなぁと、少し反省。

20180917_7.jpg緊張のマスキング剥がし。

写真では後ろの方が赤く写ってしまったけど、素の銀そのものです。
うんうん、なかなかイイ感じ・・・・かもしれない。

そして、ボンネット部分をマスキング。

20180917_8.jpg3000番のペーパーで、軽く段差を取り、マスキングテープの糊面をジッポオイルで綺麗に拭き取り。ガイアの色の元シアン+マゼンタに黒を数滴。クリアーで色味を薄め、都合3回に分けて色を乗せた。ほぼほぼホコリが付かず。艶も満足。
少しずつ勘が取り戻ってきた、なんて。そんなに甘くありません、よね。

20180917_9.jpg少し乾燥したところで、マスキングを丁寧に剥がす。緊張の瞬間。

色を単体で見ると結構イイ色が出たと思うんだけど、「全体のまとまり」というと?????

とは云え、先週のよりはマシだと思うのは自分だけかナ。

20180917_10.jpgルーフの模様はこんな感じ。パッと見は全然気づかないレベル。写真でも解らんじゃないか。

でも、こういうゴーストは大好きなので、この部分はとっても気に入った。
このまま、一週間乾かし、最終的なクリア吹きをしようと思う。

完成するかも(^_^)v

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやぁ~、このルーフ凄いですね。
    カーモデラーの方には当然かもですが、私にとっては初めて見る世界です。
    こういうのを拝見すると、ますますカーモデルの敷居が高くなります(笑)。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    Maximum さん、有り難うございます。
    案ずるより産むが易し、で意外と出来ちゃうもんです。Maximumさんならじぇんじぇん問題ありません。
    是非くるまの世界にもいらして下さいまし!!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる