Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

あと  少し  (^_^)v

20181014_2.jpg翼の裏側はデカールでお茶をにごそうを想っていたんだけど・・・デカール、よく見るとクリアー部分がメッチャ多い。って今頃気づくんだから、まぁ、いかにノンビリしてるかって(笑)

20181014_1.jpgデカールのクリアー部分を貼り付けた後に切り取る技術は無いので、結局翼の裏面もマスキングすることにした。
表面の白が太くなりすぎたのを反省して同じ轍は踏まないよう、今回は慎重にマスキングの順番を考えた。写真は全部貼り終えたとこと。この後、塗る部分を外していく・・という算段。それとどうしても隙間が若干は空いてしまうので、コンマ数ミリ細めにしてみた。って何云ってるのか自分でもよく分からなくなってきた(^^;)

20181014_3.jpgそして脚の内側を塗るのでマスキング。これがまた、チョーめんどうだった。なんか筆塗りでもよかったかも(笑)

ちなみにコクピットのジャーマングレイはマスキング諦めて、素直に筆塗りにしました。筆塗りも楽しいもんですハイ。

20181014_4.jpgヴァルケンクロイツは真っ黒ではないようなんだけど、翼の裏面ということで、そのまま素の黒を軽く吹いて、緊張のマスキングを剥がしたところ。
実は表の白を塗ったとき若干「もれ」があったので、今回は角々を念入りに押さえてマスクした。うーん上手くいった、と思う。俺って飛行機モデラーにもなれるんぢゃね?なんて自惚れてみたり(大汗)

20181014_5.jpgいよいよ、緊張のデカール貼り。もちろん途中経過の写真なんてありませんw

なんとかかんとか機体の黄色い15番と垂直尾翼の機番のデカールを張り終え、乾かす間にシートの塗装を。
シートベルトは、こうしてみるとホント超絶ディティール。色は超適当に色々な色を墨入れドライブラシした。

20181014_6.jpg細かいデカールは貼るのがめんどうだなぁ、と思ったものの、まぁ、キットにあるものは貼ってみよう、と一部のステンシルを除いて貼ってみた。
ちなみにタミヤ純正のデカールはクレオスの軟化剤を塗った後、不用意に触るとテロテロになってしまうので注意が必要。忘れないように書いておかないと(笑)

写真は動翼の一部分が赤く塗られているのを再現するためマスキングして筆塗りしたところ。今回は何回もマスキングを繰り返したので、マスキング技術はだいぶ磨かれた・・と思う。

20181014_7.jpgそろそろ、ピトー管と機銃を作っておかないと・・ここまでキテ完成しなくなってしまう。色々考えて強度を保つため、写真のプラパイプをライターで炙り(火気超注意!)細くして、中にコンマ4のステンレス棒を通して再現することにした。これで、強度も確保出来るはず。

機銃も同じようにして、デッチアップ(笑)

あと少し。今週末には完成・・・する・・かも(^_^)v

でも、このあとデカール保護と艶の調整で半艶のクリアーを吹いたんだけど・・・15番がちょっとブツブツに。暫し乾かして修正可能かどうか?

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おぉ、いい感じですね。
    とても綺麗に仕上がってきていると思います。
    ドイツ機の国籍マークはデカールを使うとクリア部分がメチャ多いので、
    頑張って手描きにするのが得策ですよね。
    美徳さんにとってこれ位のマスキングは朝飯前でしょ。
    次回はウォークウェイの点線も塗装でお願いします(笑)。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    Maximumさん、いつもありがとうございます。
    今回はコレデモカ!ってくらい、、マスキング何回もやりました。
    でも、変な気合いが無いと模型って楽しいなぁ、と思えたことが一番の収穫だったのかも。
    ウォークウェイの白い点線は、、、まぁ無理でしょう。一瞬考えたんですけど(笑)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる