Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

形にはなったものの・・・モチベ急降下(涙)

20181021_1.jpgデカール段差消しののため、3000番の柔らかいペーパーで表面をならす。完璧では無いけど、ここで下地が出たら、完全にアウトなので、まぁ、適当に・・・そのくらいの気持ちで研いだ。

だいたいのところで、一端水洗いして、スジボリに入り込んだクリアーのカスを洗い流し、完全に乾いたところで、最終仕上げの半艶クリアーを吹く準備。
キャノピーの艶も合わせたいので、ここで仮止め。貼って剥がせるノリを持っていたんだけど、数年使っていなかったので(汗)使えないかもしれないと思い、両面テープを細切りにして仮止め

20181021_2.jpg半艶のクリアーを吹いたところ。
心配していた機体の「黄色の15」はブツブツも収まり、段差もほぼほぼ見えない。反面、翼のウォークウェイは結構段差が残ってしまったケド、まぁ今回はコレで良しとして、来週の展示会に向けて完成を目指す。

20181021_3.jpg
キャノピーのマスキングを剥がし・・・コクピット側が60番瓶ナマ色なのは見なかったコトにして(笑)。
自分は透明部品の接着にはコレ「布用」ボンドを使用。友人の話では、おそらくOEMで模型用にメッチャ高く売っているらしい。が、良くある話で中身はコレらしい。保証は無いけど。

しかし・・マスキングを剥がすのが早すぎた(汗)

20181021_4.jpgここにきて、まさかのタミヤに落とし穴があるとは夢にも想わなかった。って、自分がヘタクソなだけなんだけどネ。

足回りを接着していったんだけど、どうも角度が微妙に合わない。おかしい。どう考えてもおかしい。
と、有る程度乾燥した時点で気づいた。

翼の水平が出てない・・・・www

いろいろいじくり回しているうちに、左の機銃を折ってしまい作り直したりもして(写真はつくり直した時のもの・左の機銃は無塗装状態)・・急にモチベが下がった。まさか水平が出ていないとは。基本の「キ」の字が出来ていませんワ。

20181021_5.jpgゴミ箱に投げ捨てたい衝動を抑え・・・プロペラを組み立て・・なんとか完成させようと・・・。
元々、このキットは買った時から下面翼が歪んでいたのは以前御紹介したとおり。どうやら、キットそのものの形に問題があるみたい。このキットを作るときはここが最大のキモみたいなので、よーく中身を確認しておいた方が良いヨ。
でも自分では、何となく上面翼を付けた段階で水平が出た、と思っていたんだよね。実際にガラス面に置いて計測してみたら、翼端で5ミリ以上差がある。右が低い。どうりで脚の角度が見た感じ合わない訳だ(涙)。

20181021_6.jpg最後の最後のどんでん返しにのたうち回りながらも、最後の工作、アンテナ線。写真のコンマ26位の黒いテグス。しかぁーし、ここでも大失敗(T_T)
キャノピーのマスキングを取る前にキャノピー側の突起に穴を開けておけばイイものを。何度も刃先が滑りキャノピーには無数の傷が・・
しかも瞬接でとめるとき、こともあろうに硬化剤を吹き付けるという大失態を演じ、ものの見事にクリアーだったキャノピーに無数の点々・・斑点が・・・。

ぎゃー、どひゃー、なんじゃこりゃぁー!!
20181021_7.jpg恥を忍んで、アップに耐えられない写真をアップしておこう。反省の意味を込めて。

しかも、よく見ると突起の真ん中に穴が開いていない。なんのために実態顕微鏡持っているんだかなぁ(^^;)

なんだかんだ、いいつつ、これで完成にします。実は翼端灯が付いていないんだけど・・・もう作る時間は無いので、展示会後に追加工作ということで。
リベット打ち工具が到着したのは9月1日なので、実質2ヶ月以内で完成。自分的には驚異的な早さ。まぁはちゃめちゃではありますが、『楽しい』が原動力だと再確認させてくれた「法華狼 ℃羅(ほっけうるふ どら)」でした(^_^;)
完成写真は後ほど・・時間があったらね(正面からの写真は絶対撮らない・・)。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    完成おめでとうございます。お疲れ様でした。
    紆余曲折、色々ありましたね。
    でも楽しんで作られたのなら、なによりと思います。
    これこそ真の模型作りかと。
    これで美徳さんも立派なドイツ機モデラーですね。
    次回はタミヤ1/48・Bf109G-6でいかがでしょう。
    最新作ですから、パーツが歪むこともなく、合わせは完璧。
    マーキングと塗装で楽しめますよ。あはは。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Maximum さん、優しいお言葉ありがとうございます。
    ある本に自分のつまらないプライドを捨てると世界が広がる、ようなことが書いてありまして。
    今回の製作で、模型の完成度ならモノと、作る楽しみを比べてどちらを優先させるのか?と言えばいいのか、やっぱり下手くそでも楽しいのが一番ぢゃないかな?と思い、ハードルの高いドイツ機に敢えて挑戦してみました。
    終わったら、次はAFV(笑)
    飛行機はメルクールでは少数派の、帝国機でいこうと思います。タミヤからE型が出たらまた構いなく作りたいデス(^-^)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる