Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

えあーれーさー なんてものに挑戦してみる

20181110_1.jpg今週末は定期通院やら、眼の調子が悪いため眼科に行ったり。今日は楽しいメルクールの会の月例会だったりしたので、模型の方はほぼほぼ進展しなかった。
で、何も更新しないのもナニなので、ちょっと黙って製作を進めていた「エアーレーサーもどき」をアップすることにした。

コトの発端は、写真の3機セットをYオクで落札したところから始まった。めっちゃ安かったんですよね~これが。で・・・結論からすると安いモノにはそれなりの理由があるという現実(笑)

20181110_2.jpgメッチャめちゃ格好イイ箱絵の「E-3」。中に入っていたのは、製作途中で色が塗られた機体2つと翼1つ。
しかも、デカールも一部切り取られていたり・・・まぁ、旧くて使えない可能性が高いからイイんだけどネ。

まぁ、このまま製作を続けるのもナニだし、なんで機体が2つあるのか?も解らず。でもふと、機体底面の曲がり具合が違うのに気づいてしまったんだな。ほほぉ~、、、これが改修前と改修後のやつなのかな?と思い色を落とすことにした。

20181110_3.jpg家庭用のポリ袋にミスターカラーの薄め液を入れて、その中でぐちょぐちょ、ぐちょぐちょしているうちに塗料が落ちてきた。
有る程度落ちたところで、歯ブラシを使って凹線に入り込んでいる塗料とかを掻き出してやる。まぁ満足出来る位に塗料を落とすことが出来た。

20181110_4.jpgしかも接着剤も劣化していたのか、1機は綺麗に左右に割ることが出来た。翼も同様。

でも薄いグレーの方は無理したら割れちゃった(汗)

色を落としてみて、完全に型が改修されているのを確信した。

20181110_5.jpg既に「T-2」のところで先行アップしているけど、排気管の上の部分で確実に型が違うのを確認。
ノーズの高さも随分違う。

問題はどっちが改修後の機体なのか?ってコト。ハセガワの109が改修されたという話は聞いて知っていたんだけど、具体的には全く知らず。当然、このキットが発売されていた頃は飛行機とは縁遠かった頃なので知る由もありませんね。
ググってみても、さっぱり解らん。

20181110_6.jpg因みに、同時に購入した「E-4/7」の方の機体は濃いグレーの方。そして、「E-3」のキットの箱に残っている部分のパーツは薄いグレーの方。ということは、この箱に元々入っていたのは薄いグレーのほうの機体であるはず・・・という推理を立てた。うーん、推理小説みたいになってきたぞ。知ってる方からすれば「ナニも知らん小僧」ということになりますが、まぁ自分が楽しんでいるので、イイんです(笑)。

20181110_14.jpg値段を比べてみると「E-3」の方が「E-4/7]よりも500円安いので、たぶん「E-3」の方が年代的には旧い、つまり先に発売されていた方だと勝手に判断。

と云うことで、このキットの前オーナーは、改修前のキットを元に、新しい改修後の機体と翼だけを調達して、この「E-3」を作ろうとしていたんだろうなぁ、という結論に達したわけデス。しかし「E-3」の箱絵は格好いいなぁ!

20181110_7.jpgで、重箱の隅ツツキ作戦を敢行し、改修前(手前)と改修後(奥)を合わせてみると、改修後の方が若干鼻が上を向いているのが解る。前にも書いたように、ノーズの高さはずいぶんと違う。
この辺は当時の雑誌があれば、是非確認してみたい衝動に駆られちゃいますネ。まぁ、作っちゃえば、そんなに気にならないんぢゃないかと思うケドね。

つづく。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる