Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

もう後戻りできない・・・(・_・;)

忘れないうちに製作記を更新しておかないと(笑)

20190120_1.jpegまずはフロントカウルの接着。ここも「あれ?」って感じで合いがイマイチ。
なんて表現したらいいのかなぁ〜、カウルのが樽のように真ん中が膨らんでいるよう。あるいは、胴体の最前部だけが「ぎゅー」っと絞りこまれているような。
そこであまり好きぢゃない資料を見回してみても、E-4型でカウルが膨らんでいるような写真は見つからなかった。
ということで、ここは瞬接パテ(シアノン)のお世話になることになった。

20190120_2.jpegいつもは、安直に180番とかでヤスリ始めるんだけど、主翼付け根のモールドも一緒に削ってしまいそうだったので、そこはマスキングテープで保護をしてあげた。うん、少しは大人になってきたな(笑)

そうそう、前回更新の垂直尾翼だけど、資料本ではプロペラトルクうを打ち消すために翼断面のように左側が膨らんでいるそうだ。キットは勿論左右対称形なので、そこは見ないことにしてスル〜。うーん、ここも大人になったなぁ(爆)

20190120_3.jpeg
大体ラインの出た右側。

ラインを出すのに邪魔なモールドは清く削る(笑)。ただ、その場所が解らなくならないように、ピンバイスで印的に少しだけ彫っておいた。
実は、その彫ったコト自体を忘れそうなので、敢えてしつこく左右の写真を撮ってアップしたのは、ここだけの話(笑)

20190120_4.jpegそして、いよいよ主翼を胴体と合体させるんだけど、なぜか、こんな所にエッチングを使わなければならない。でも、コレって構造的にはオカしくないか?ここはラジエターだから、こんな薄っぺらなエッチングだけって「どうよ!?」と思うけど、ここも清くストレート組み。
しかし、エッチングパーツは嫌いだ<技術が無いから・・・

20190120_5.jpegアカデミーのコクピットを強引に接着した後、主翼下面を先に接着した。
主翼上面の胴体との合いがイマイチなのは昨年12月23日に書いたとおりなんだけど、主翼下面のアイもなかなかどうして、厳しい。特に後半部分はどこを合わせても胴体ラインとツライチにならず・・ある程度のところで「水平だけには十分気をつけて」妥協した。

20190120_6.jpegそして主翼上面。
全体に”うねり”や”めくれ”が認められたのと、スジボリが浅すぎるので、ここは深く彫り直し、全体にペーパーを当て一皮向いておいた。

そのまま主翼下面と接着すると、胴体のラインと合わないので、試しにコンマ15のプラペーパーを間に噛ませてやったら、なかなかいい感じになった。

20190120_7.jpeg間に噛ませたプラ材はこんな感じ。

なんか、ハセガワのE型はイマイチだなぁと思い始めた。この先、翼端を切り飛ばして「アカデミーのレジン製パーツ」で翼を延長してT-2と羽化する予定なんだけど・・・「おい、思いとどまるなら今のうちだぞ」という囁きが聞こえなくもない。
パーツをみた段階で厚さとか微妙に違いそうだし。でも、初志貫徹(笑)。数秒迷って職人気質を手に・・・もう後戻りは出来ない。

20190120_8.jpegで、結果はいかに??

勿論、ピッタリ合うわけありませんね。しかも翼端でイモ付けしたら、製作過程で折れること必須。
ということで、一応真鍮線を埋め込み、なるべく上面のラインを合わせるように接着。おっと、その前に”ドループ・エルロン”を接着するんだけど、これまた合わない。もうここまでくると合わないのにも、そんなに驚かなくなってる。人は順応性が高いネ(笑)
延長したレジン製パーツのエルロンの幅は違うし、まず第一に翼断面の厚さが違う。もう車のボディを改造するかのごとく、180番のヤスリでガンガン削らなければならないのは必須。まぁ得意分野だから工作自体は問題ないんだけど・・・・。なんでT-2作ってるんだろう?と疑問も(;´Д`)

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    カオスのような例会、お疲れ様でした。
    タミヤのようにパチパチで楽ちんキットも楽しいですが、
    このように苦労するキットもそれはそれで楽しいかと。
    この後も存分に楽しんで下さいませ(笑)。
    何故T-2を作るか? 何故なら、それがそこにあるから。 
    ってところでどうでしょう?

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    ほんと、あっという間のカオスな例会でした(・_・;)
    まぁ、そういうことでしょうね。
    苦労を買ってでるのも、これまた一興かと・・・
    誰かが手をあげる前に手を挙げた・・ような感もありますけど(笑)。
    まぁ、たまたま、そこにMPMのT-2があって、多夢多夢にアカデミーのT-2があった。
    ってとこでしょうね。いつもコメント有難うございます!

  • SECRET: 0
    PASS: 550e1bafe077ff0b0b67f4e32f29d751
    美徳様
    何度みても主翼の長いE型(T-2)はカッコよろしいなー
    こんなにカッコイイ機体だとは思っていませんでした。
    最近なんですが、模型を作る事がちっとも楽しくないのですが、何故なんだろう?
    以前感じたマスキングを剥がす時のワクワク感と塗装の仕上がりの優越感みたいな物が全く感じられなく苦痛(基本工作)、苦痛(塗装)、苦痛(デカール処理)の連続と完成した時の疲労感、面白くないのは何故?
    しかも、完成してしまうと完成品などどうでも良い(いらない)と言う感情はどこから来たのか?

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    西やん 様
    片翼たった2センチほどの延長で、こうも違うとは、自分もびっくりで、新たな疑問が生まれたりして、それなりに楽しんでます(笑)。
    モチベのお話は、自分の車模型に対するモノに非常に似ている感じですね。
    自分なりの解釈ですけど、、自分のスタイルが確立してしまっていて、ある程度の段階で完成形が見えてしまう、又は、自分のスタイルではこうでなければならない的な暗黙のルールが意識外で存在してしまっている影響があるように思います。車から離れて先のドーラを完成させてみて、このことに気づいた感があります。
    まぁ、たまには趣向を変えて、ケッチのスポーク張りにチャレンジしてみるとか、車の表面仕上げだけに拘ってみるとか。その合間に飛行機を触るとか。すると、どっちも楽しいと思いますヨ❗️

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる