Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

単色塗装は奥が深い〜なんとか完成(^_^;)

久しく更新を滞らせてしまった(^_^;)
4月に入って、仕事が急転直下の忙しさを迎え、半分以上くたばっていた、というのが裏事情。

20190421_1.jpegでも少しずつ進めて本日完成。

忘れないうちに・・・
まずは、デカール貼り。本当は、特別限定版の白縁なしを選んだんだけど、このデカール、白の上に赤が印刷してあって、残念なことに、貼ってみたら微妙にずれてやがる。濃緑色と赤との境に細い白いラインがはいってしまうと目立つんだよね。
デカール自体はすごく分厚くテラテラの艶ありで、いかにもおもちゃっぽい感じだったので、どうか?とも思ったけど、マイクロのゾルとセットの組み合わせで、難なく密着してくれた。

20190421_2.jpegそして、ここも残念なことに(T_T)

当然、「特別限定版」の黄色い矢印を尾翼に派手に貼ろうと決めていたのに・・・・よぉ〜く見ると、ここもズレている。まぁ、考えてみれば同じシートなんだから。ズレてて当然だわな。
ということで、黄色い「加藤隼戦闘隊 第3中隊機」は諦め、「第18錬成飛行隊」を選択。透明部分が一番少なかった・・というのが理由なのは内緒(笑)

20190421_3.jpegデカールを貼り終えた時はテカテカのデカールで、おもちゃ感満載だったんだけど、デカールをよぉーく乾かし(1周間)半ツヤのクリヤーを吹いてみれば、そこそこイイ感じに仕上がってきたので大満足。
ちなみに半ツヤのクリアーは、アクセルSのクリヤーとフラットベースを3:1の割合で作りおきしてあるもの。若干光沢出過ぎの感もあるけど、この後の墨入れやら汚しやらを考えると、あんまりつや消しにしちゃうと塗料が染みこんでしまうので。まぁ好みですけどネ。

この後、汚しをしたんだけど楽しくて写真を撮るのを忘れてしまった・・・・ω・

ダークグリーンに黒を入れたタミヤカラーをガイアのエナメル用シンナーで希釈して墨入れ。この時パネルの中央部分を綿棒で良く拭きとって、パネルライン周辺には、若干濃い色が残るようにやってみた。ところが、この作業をやる前にピトー管とかアンテナ支柱とか接着してしまったので、やりにくいったらありゃしない。
案の定、ピートー管を引っ掛けて取れてしまったし。

20190421_7.jpegで、ピトー管を再接着しようとした時・・・

どひゃぁ〜〜〜〜、接着剤こぼしちまった!!!

ちょうど、左のエルロンの付け根付近。幸い流し込み接着剤じゃなくて、トロっとした従来からある普通の接着剤。ボテっと落ちたって感じ。大急ぎですくい取るように拭きとって、あとは慌てず(本当は「終わったナ」と思った)騒がず、接着剤が乾くのを待つ。おかげでフル可動だったエルロンはキレイに接着されてしまった。
おまけに、この騒ぎに乗じてピトー管は四次元空間に吸い込まれていってしまったので、仕方なくコンマ3のピアノ線をベースに自作しておいた。

20190421_8.jpeg幸い、接着剤を拭きとった跡はあんまり目立たないので、そのまま汚しを進めることにして、油彩で色々とお絵かきをして、色の情報量を増やしていった。最後に、タミヤカラーのフラットアルミをスポンジでピッチング風にペタペタやって完了。
表面が乾いたら、半ツヤを吹いて完成!。

と思ってたんだけど、油彩でお絵かきした部分が殆ど目立たなくなってしい、おまけに、思いの外艶々になってしまい、イマイチ実感が無いなぁ。って感じ。

AFVや戦闘機って完全つや消しでは無かったと思うので、ツヤ具合には気を使っている「つもり」なんだけど、これじゃぁツヤが有りすぎ。

20190421_9.jpegそこで、アクリルのつや消しクリアーをランダムに細吹きして、艶に変化をつけてみたけど、まぁ、こんなもんかなぁ。単色塗装の奥深さを感じた一瞬で、これは経験を積んで行かないと克服出来ない難しい分野だわ、と改めて実感。

最後に排気管からの汚れをパステルで描き、アンテナ線を伸ばしランナーで再現して、遂に完成!パチパチパチ!
写真で見るとアンテナ線ぶっとい!けど、肉眼で見れば、それなり(笑)。無いよりマシだけど、この辺は手を抜かずに老眼にムチ打って頑張ってみた。

というこで平成最後の完成を目指した「挑戦の春」はおしまい。さて・・・109に戻ろぉっと ・ω・


20190421_5.jpeg今回は、1000円の塗装済食玩キットを組むという「挑戦」だったので、最初から完成したら「ベースには箱絵を使おう」と決めていた。
そこで、ダイソーで2L版のフォトフレームと透明セルロイドを買ってみた。

20190421_6.jpeg隼は、まだ完成していないけど・・・

セルロイドで薄く色をつけて、良く見るとベースに箱絵が使われている!っ的なモノを目指したんだけど、セルロイドって思いの外シワが目立つ。しかも買ったフォトフレームの透明部分(普通はガラスなんだろうけど、100均なので当然プラスチック)が半ツヤっぽく少し濁った感じだったのも手伝って『コレぢゃない』感満載の仕上がりに(笑)
更に、2L版だと、ベースが大きすぎかも・・・

20190421_10.jpegということで、再びダイソーで、普通のL版のフレームと、ホームセンターでクリアブラウンの2mm厚のアクリル板を購入。
失敗は成功の素と云うし、何事もやってみなければ解らないのだよ<いいわけ

20190421_11.jpegアクリル板はある程度の深さまでPカッターで彫り込んで、ポキっと折るとキレイに折れてくれるし、表面もテカテカ・ツルツルでイイですねぇ。
勿論、「特別限定板」のステッカーは慎重に一旦剥がして、位置を良く確認して貼り直してみた。

クリアブラウンかクリアブラックかで悩んだけど、今回はブラウンで正解かなぁ。車なんかだと、クリアブラックもイイかも知れない。

で・・・、キャノピーのゲート処理が済んでないのに今気づいた(^_^;) ま、いいや(笑)

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: 70873e8580c9900986939611618d7b1e
    なんかとってもカッコイイですね!
    私も、今日、um48/1のBf109G-6が生地完成しましたので、後は塗装です。
    サブテーマでなければ絶対に作らないキットです。
    お互い、老体にムチ打って頑張ってますね。
    次回の例会で「隼」を拝見するのを楽しみにしています。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    塗装に拘りましたね。
    仕上がりは塗装がカギですから、ここに拘るのが賢い選択と思います。
    ベースも素敵です。
    接着剤爆弾、ドンマイでした。
    私もたまにやりますよ。流し込みだと、そこだけプラが凹んだりするんですよね。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    西やんさん、早速のコメントありがとうございます!
    なんか、塗装済みっていうのはどうか?と自分で壁を作っていましたが
    やってみれば、一番楽しい墨入れ~仕上げの部分にチカラを集中できる
    ので、息抜きには良いのかも知れません。
    西やんさんの109には魂がこもっていますので、仕上がりが非常に楽
    しみです。お互い老体ではありますが、この集中力が持続すればボケは
    遅いんじゃないか?と(笑)
    次回、例会を楽しみにしています!

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    Maximumさま、いつもコメントありがとうございます!
    まさかの接着剤爆弾には、正直『終わった』と思いました(笑)
    メガトン級でボテっと盛り上がっていましたから(^^;)
    何となく、自分の壁が少し低くなったような気分です。
    カメラも新調したので、来週あたりちゃんと三脚立てて写真撮って
    みます(実は今日、手持ちで撮影したらものの見事にブレてました)
    一応、静岡には持って行ってみます。飾ってもらえる場所があれば
    ということで。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる