Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

チチとして(^_^;)

ホビーショウを前後して、スコーしずつは進んでいるT-2なんだけど、どうもイマイチ調子が乗らない。翼を延長し終わったところで納得しちゃったのかなぁ。これはマズイ。
ということで、忘れないうちに製作記を書いておいて、来週からエンジンかけて作っていこう!とか云いつつ、来週末はこれまた用事と仕事で模型の時間は取れないかも知れない。


20190602_1.jpeg前回、下面の76番を吹いたら、スジボリの下手くそなところがモロ見えになっちゃって、シアノンで補正してみたものの、今度はエルロンを延長して彫刻したところの詰めが甘いのに気づき。幸い下面なので、あんまり目立たないから知らんぷりしちゃおうかな・・と思ったけど、やっぱり気になるので一応見られるくらいまでは整形をした。
ホント、この翼延長はシンドイ(笑)

20190602_2.jpeg塗装前に解決しなければならない課題の一つが、機首の機銃。
前にも書いたけど、これは単純な組み立て順序のミス(笑)。でも取り付ける部分が無い状態で「どうしよう?」と真剣に悩み、最終的に、アカデミの機銃部位のパーツを使い、プラパイプを炙って伸ばしたものを基部にして、半ば強引に接着してみた。
まぁ、こうして出来上がってしまうと、何てことはないんだけど、ここをどうしよう、あそこをどうしようと悩んでいる時間がとても長くなってしまった。果実、例会で「考証し始めるとキリがなくなる」という話を聞いて、確かにそのとおりだと深く反省。模型は完成させる喜びを味あわないと。とか言っても拘るところは拘らないと。完成後の満足度が違うんだよね、きっと。

20190602_3.jpeg塗装をあまり厚吹きしたくないので、エルロン以外の部分は軽くマスキングしてから吹いてみた。エルロン表面は、翼本体とは素材が違うようなので、チョットだけ明度を上げてみた。

20190602_4.jpeg・・・・けど、殆ど解らない。

まぁいいや。自己満足の世界なので(笑)

20190602_5.jpegそして、翼上面と機体部分をRLM75(Mr.カラー37番)で吹いた。
なんとなく最近の流行りなのか,全体的に色が沈んでいる風潮の作品が多いように感じているんだけど、自分的には明度の高い、所謂明るい作品が好きなのと、フィルタリングをする予定なので、今回は37番に白と色の素のマゼンタと1滴だけいれて、少し赤みの感じるグレー系の色を狙ってみた。
自分は、大量に塗料を調色することは無いので、二度と同じ色は出ないんだけど、今回は思いの外綺麗なグレーバイオレットになったと思う<自画自賛(^_^;)。

20190602_6.jpegそして、迷彩のマスキングをするため、アカデミの説明書を拡大したものを型紙にすることにした。自分の場合、220%の拡大で、模型とほぼ同寸になった。コピーした時、説明書を持って帰るのを忘れ、失くしてしまった(T_T)

間に厚紙を挟んで、塗り分けをほんの少しぼかすことにしたいんだけど、ちょうどイイ厚さの厚紙がなくて、現在ストップちう。両面テープの厚みもあるしね。多分、はがき位の厚みが丁度イイんじゃないかと見当を付いているんだけど。どうだろう?

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: dea2a6860c29fa776d3a2de70837c486
    T-2 がだいぶ進んでいるようですね。
    当方のT-0 は翼の延長と整形がほぼ終了した時点で休止しています。
    タミヤのE-3 からなので、コクピットを含むAパーツとキャノピーが余っているのを眺めていたら、浮気のムシが……複座の練習機のS型があるぞー とささやくではないですか!
    G-12はキャノピーが面倒そうだが、E型からのSなら楽そうとの囁きに手が動き出して、コクピット後方を切りとばし床を延長するという暴挙に出てしまいました。
    でも、後席のキャノピーは絞られて行く機体とビミョウ合わないではないですか。 どうしようと立ち止まって考えるが良い考えが浮かばず、残る道は無理矢理くっつけて現場合わせする事になりました。
    さて、どうなりますか。つぎの報告をご期待ください。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    abbyお師匠、コメントありがとうございます!
    相変わらずの変態ぶりに一安心というところでしょうか(笑)
    練習機のSでEベースが有ったのは知りませんでした。なんせ飛行機は
    完全に門外漢なので、少しでも知識を得ようと資料を見始めると、又
    昔の重箱隅ツツキ作戦を敢行したくなり・・
    いずれにしても、完成したら、目立つこと間違いありませんね。
    ちなみに、109って意外と後ろがすぼまっていて、エアレーサー擬き
    を作っている時も、こんなにずれるものかと思うほどでした。
    http://finalgear1923.blog119.fc2.com/blog-entry-231.html
    ところで、お師匠のT-0  翼・・折れるのでしょうか?
    そこが、一番の気がかりな部分でありまする(^_^)v

  • SECRET: 0
    PASS: dea2a6860c29fa776d3a2de70837c486
    複座の109はE-1〜-3からがS、Gは-1,-5,-6,-14からはG-12とよばれているようです。
    私のT-0の主翼は前縁スラットのすぐ内側(MG17の外側)に折りたたみの
    ラインを入れておきます。
    私も109のまとまった資料は余りないのではっきりとしたことは言えません。

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    なるほど。お師匠でも難しいんですね。
    ド素人の自分が手を出すシロモノではなかったのか⁉️と少し反省(笑)
    私は、ご存知のように、翼の折れるきこうは無かった、と判断しちゃいました(・・;)
    いろいろな解釈があって、これまた模型談義に華が咲いて楽しみデス。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる