Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

みっしょん こんぷりーと (/・ω・)/

20190630_2.jpeg今日も雨。午前中所要を足して、昼飯もそこそこに模型部屋に直行!
昨日失敗した塗装のリカバリをしないことには、どうにもこうにも納得いかない(ホントは捨てちゃおうかとも思ったんだけど)

湿気は多いけど約1日乾燥させたので、べったりついた指紋も乾ききった。まずは1000番の耐水ペーパーで撫でるように指紋や垂れた塗料の跡を消していく。結局下地まで出てしまったけど、そこは気にしない。
そして、パネルラインのゴミを掻き出し、塗装の準備(気分的余裕は全く無く、経過写真はありません)。

20190630_3.jpeg順番はこれまでと同じ。クレオスのRLM74・75番で下地が出てしまった部分を補修。その後、タミヤアクリルで調合した、なんちゃって76番を細吹き。べちゃって吹いちゃったところを、再びクレオスで補修。これを何回も繰り返し、小さな塗装ブースで格闘すること約2時間。
概ね納得いくところまで塗れた。

アクリルはラッカーよりも乾燥が遅いのか、希釈具合はクレオスの通常程度。クレオスは吹いてるそばから目詰まりしてくるので、相当薄め。エア圧は、あまり落とし過ぎるとプツプツが出てきてしまうので、1kg~1.5kg/㎝位。ただ、アクリルは希釈具合(いつも適当なんだけど)でボケにプツプツが出る時があるので要注意、デス。

ということで、ここで、鬼門のモットリングも「みっしょん
こんぷりーと」ということにした。いいよね?
ただ、やっぱり機体右側はなぜか苦手。なんでなんだろう(^_^;)

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とっても綺麗なモットリングですね!
    昔はインクスポットと呼んでました。
    私には真似できませんので、それらしく見えれば良しとして妥協して塗装してます。
    さて、今回作成中のG-03の塗装の左右の側面塗装図または写真は全く見たことがありませんので、全て妄想の世界です。
    果して、観賞に耐える状態でお見せ出来るか疑問です。

  • SECRET: 0
    PASS: 7ad474be8fe13874c3f2fd082e5d0fa4
    ドイツ機の素晴らしさを教えてくれた西やんさんに褒めていただけるとは光栄です。
    自分のコレも、結局黄色いスピナーヘッドの写真は見つからず・・・
    かと云って、参考としたイラスト(左側面)とは似ても似つかぬ(笑)
    左右共々、全くの妄想ですけど、塗装楽しめたのでヨシとします。
    西やんさんの作品で鑑賞に耐えられないモノなどありません。
    G-03、次回の例会で!楽しみにしています!!
    自分は来週クリアー吹いて、例会前にデカール貼りまでいければ御の字ですね。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    見事な塗装です。流石です。
    私にはこのレベルのモットリング塗装は出来ません。マジで。
    というか、モットリングは避けてますので(汗)。
    美徳さんのチャレンジ精神にも拍手です。
    やっぱ色々やらないと、模型は上手くなりませんよね。

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    いつもコメントありがとうございます😊&お褒めを
    授かり大変恐縮〜光栄デス。
    最近、やっと自覚するようになったんですけど、自分
    の場合、毎作品何かしらの挑戦をしているんだなぁと。
    今更感アリアリですけど、それが無いと完成しないと
    いうのにも気づいてしまいました。で、その挑戦のテ
    ーマのレベルは、その作品ごとに変えればイイという
    のにも気づいちゃったんです。
    なので、考証的な面は二の次になってしまうので、
    正統派では無いのでしょうが、楽しいから良し👌
    ということで、まだ完成してないので、ひょっと
    すると、ここで満足してしまうかも(笑)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる