Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

右往左往するも、未だ活路は見いだせず(^^;

20191124_01.jpgチョット前に工作はしていたんだけど、ブログを更新する時間が取れず・・・忘れないうちに(面倒になっちゃうからね)。

前回の更新で、なんか普通にまとまっちゃったフロントウインドウ。チョップしたけど、横幅も詰めたので、結果的に縦横比が同じくらいになっちゃった、ということかな。
ある程度、整形終わっていたけど、清く「2mm」位落とすことにした。
飛行機模型を作るようになってから、こういう処の工作はとっても丁寧になったような気がする。

20191124_02.jpgたった2mm落としただけでも、上部部分は長さが足りなくなってしまうので、コンマ5のプラ板を挟んで長さを調整した。

20191124_03.jpgその後、フロントウインドウ上部部分をちょっと薄くしようと、ノコを入れてみる。
チョット前ならこういう工作はやらなかったなぁと。これだけ切った貼った部分にノコを入れるので、軽いチカラで少しずつ。焦らず。本当にチカラを入れないでノコを引くと云うことが自然に出来るようになったのは、今なお進化中ということかも(笑)

20191124_04.jpg概ね、窓枠の整形が終わったところ。

まぁまぁ、な感じになるんじゃないかなぁ、と至極満足。

20191124_05.jpgところが、やっぱり切った部分の接合は弱く、何回か接着した部分が外れてしまったので、リューターで細い溝を少しずつ掘って、ソコに真鍮線を埋め込み、シアノンで固定して補強するという方法をとってみた。
自分でも感心してしまうほど、これは良い方法かも知れない。アイデアは、作業を進めれば進めるほど出てくるもんですね。

20191124_06.jpgそして、ウインドウ枠の裏側。

ここをちゃんと平面に整形しておかないと、フロントウィンドウを付ける段になって涙を見ることになっちゃう。ここもあわてず騒がず。良く切れる鉄ヤスリで少しずつ慎重に。
100均で買った、所謂ダイヤモンドヤスリもなかなか使えたので参考まで。

20191124_07.jpgフロントウインドウの造作が概ね終わったので、割れたりしないうちに・・・・と思って、早々にソフトトップを接着してみた。
フロントウィンドウとの兼ね合いは、こんな感じで、将来的にはもう少し加工する予定。

まぁまぁ、イイ感じ(^_^)v

20191124_08.jpgリア側からパチリ!

もう少しだけ、リア側を下げた方がカスタム色が強くなるかもなぁとか思ったけど、まぁ、フロント周りが良くなったので、これでヨシ・・・とした。

つもりだったんだけど(>_<)

20191124_10.jpgルーフを接着し、改めて上から俯瞰してみてみると・・・

あれ。ボディ歪んでる(T_T)
フロントはルーフより前側が全体的に左向き(下向き)に歪んでいて、リア側は左側(下側)が上向きになっちゃってる。多分、自分の眼の錯覚ではナイよね。

20191124_11.jpg細く切ったマスキングテープを貼ってみて、歪みを確認。

どう見ても歪んでる。
さて、これはどうしたものか。原因としては、バラバラのパーツを接着したときに歪んだ。或いは、パーツ自体の長さが違うか・・・いずれにしても、ここを修正するとなると大手術だ。第一上手く行くという保証は何処にも無い。

20191124_12.jpg暫し「思案」し、ここで手を抜き負けを認めるのも一興か、と「ここを直してダメだったら、もう諦めて次に行こう」と決意して、写真のようにバッサリ切り取った。
こういう時って、色々な事を考えるけど、好きな模型だけに妥協して完成させても満足度は高くないと思う。気になるところはあるけど、自分的に納得して完成させるのとは根本的に違うと思っている。

20191124_13.jpgで、結果は、意外に良い方向に向かった。「案ずるは産むが易し」ということかな。とはいえ、どういう風に工作していこう、と考えるのも模型の楽しみだと思う。少なくとも自分の場合は。

そして、リア側は写真のところで詰めてみた。ここもノコで大体1.5ミリくらい切り取って詰めた感じ。当然ルーフが接着してあるとボディは動かないので、ルーフ接着部分は一旦外してからの作業。
こういう工作は、文章にするのが難しい。というか自分の語彙力の無さにうんざりしてきたので、今日はここまで。
明後日はいよいよ横浜。2004年が最後のエントリーだったので、実に15年ぶり。今回はギャラリーで行きます。バスタブが走って入場するらしい。これは楽しみですね~。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる