Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

一ヶ月も更新しなかったケド ・ω・

Revell 1/35 LEOPARD 1 (レオパルド) 製作記 #4

前回のレオの更新から一ヶ月も記事の更新はしなかったケド、なんとか工作は終った。
途中色々あったんだなぁ。でも、なんとか乗り切った(笑)

まずは、リアのバスケット。

<LEOPARD 1 製作記> 砲塔バスケット

前回の記事のとおり、バスケットのステー同士は「イモ付けww」。
こういう設計ってどうなんだろう?と思うけど、まぁ仕方ない。
このキット、CAD設計なのか、部品の合い自体はそれほど悪くないんだけど、こういう部分を国産と比べるとチョット首をかしげてしまうわな。

そして、次なる難関が、このスモークディスチャージャーの蓋(なのかな?)を留めておくチェーンの再現。

<LEOPARD 1 製作記> スモークディスチャージャーの鎖

実を云うと、ここの部分をどう再現しようか?結構な時間をかけて考えてみた。
んだけど、実際に手を動かした方が早い、ということが、よぉ〜く判りましたヨ(笑)

ホンモノはこういう接続の仕方じゃないんだろうなぁと思うけど、それなりの雰囲気が出せれば二重丸!ってところです。

まずはリング状(コンマ3)のモノを片側4個の計8個(製作中に四次元空間に吸い込まれたのが何個かあったので11個位)作った。

<LEOPARD 1 製作記> 鎖の工作

そのリング状にしたものを、まずは蓋の中心に埋め込み。
針の穴を通すようにコンマ1の銅線を先のリング状の穴に通し、ピンバイスに加えて捩って・・・・
遠くから見れば細かいチェーンにも見えなくもない、程度のデッチアップ完了。

こういう細かい工作は、どこか楽しい(笑)。
一箇所でもいいので、こういう作業を行うと満足感がアップする、と思う。

<LEOPARD 1 製作記> 4つ並ぶと恰好いい

それを、土台に接着するんだけど、まぁ、接着位置も解らなければ角度も決まらない。
ここの部分は、このキットの一番組みにくい部分かも。

でも、出来上がってみると満足度は高い。
なんていうのかなぁ、このレオは「俺が組んだ世界に一つのもの」感が生まれるような感覚かな。

これで難関は乗り切った! と思ったんだけど、まだ甘かった(・_・;)
まずは、砲塔左右に3個づつ付く手すり。

<LEOPARD 1 製作記> 試練は続く

説明書を見てのとおり、これも「イモ付けw」。
しかも、実物の写真をみると、もっと細くて華奢な印象。

普通なら真鍮線に置き換えちゃうところだけど、真ん中付近に付いているステーが三角形なもんで、ここは「敢えて」キットのまま。
パーティングラインを綺麗に消して、地道にイモ付接着することとした。

そして、ここにも更なる落とし穴が(笑)

<LEOPARD 1 製作記> 赤外線暗視装置

赤外線暗視装置(っていうのかな?)の箱。
ちょっとペーパー当ててみると、かなり歪んでる。もう驚きもしないですけどネ

更に問題は、説明書の「F204」の、軟質ゴムで出来たパーツ。
これです、これ。 この黒いの・・・・

<LEOPARD 1 製作記> この黒いのは鬼門だ

モールドが有るのか無いのかも解らない。
特にコネクター部分は、どうしよう?って出来(笑)

仕方ないので、このコネクター部分もデッチアップすることにして、プラパイプを伸ばして、そこに真鍮を刺し、コネクターっぽい形に削りだしてみた。

<LEOPARD 1 製作記> コネクターの工作

ここも、何回か試行錯誤したので、一発では決まっていない・・・・。
この試行錯誤したり、色々考えている時間も、これまた模型製作の楽しみなんだな。

ということで、試行錯誤の末、なんとか遠目には破綻していないように製作し終わった。

<LEOPARD 1 製作記> コネクターも出来てヤマを越えたか

暗視装置から伸びているパイプは糸半田。
何種類か太さの違うのを持っていると、こういう場面で役に立つ。
一個買っておけば、多分一生で使いきらないと思うよ(笑)

そうそう、手すりの「付け根部分」もチョットだけ追加工作をしておいた。

ということで、今回はここまで。
この後も谷あり谷ありで、最後まで楽しませてもらいましたので、其のへんの頓末は次回。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

目次
閉じる