Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

構造的な疑問は解決してみたい F-8 開始です

ハセガワ 1/48 F-8 CRUSADER 製作記 #1

高校生の頃から好きなジェット戦闘機と云えば、F-8(クルーセイダー)。
これは今も変わらないし、単座のジェット戦闘機はF-8以外作るのも買うのも止めようと決めている(心がグラグラすることもあるけどね・・(^_^;)
数年前、地元倶楽部のお師匠がハセガワのF-8を完成させたのを見せてもらって以来、ずっと「いつかは作ろう」と思い、キット(J型)とデカールだけは買っておいた。

<F-8 CRUSADER 製作記> 箱絵

過日、ひょんな事からE型のレジン製コクピットセットを購入してしまい、さぁ、いよいよ作る時が来たか!とその他のアフターを購入してはみたものの・・・

E型のシートとJ型のシートは違うコトに気づき・・・

更に、二分割された前縁フラップの動き方がイマイチ良く判らない。

で、E型のキットに乗り換えようかなぁと考えていたところ、運良く気前のエエお師匠「様」から、有り難いことにE型のキット。デカール、その他付属品まで頂いてしまった。
ということで、自前のJ型は翼を下ろした状態(これも噂ではかなりの難物らしい)、E型は翼を上げ、フラップ・フルダウンの状態で、ひとりF-8祭りでもやってみようか。と(笑)。

48ジェット、2機並行作業が凶と出るか吉とでるか・・・途中で止まらないように。
とか思っても109もまだまだやりたいので、のんびりゆっくり進むことにする。OV-1も残ってるし☆彡

<F-8 CRUSADER 製作記> 資料1

基本的に資料を見ての重箱の隅つつきモデリングは好きぢゃない。

違う部分をあれこれ見つけて修正かけたりチマチマやるのは自己満足の世界なので大好きだけど、だからといって、人の作品にアレコレ云うのはチョット違うと思う。
ある程度の省略や形状の違いは致し方無い、おおらかに行きましょうおおらかに(笑)。
個人的意見です。

当初は一般的な世傑のみで行く予定だったんだけど、先の前縁フラップの問題。そしてキャノピーの開き方の問題が解決していない。
形状や色的なものは、撮影した状況、使っているレンズ、そして焼き具合等でどんなにでも変化するけど、構造的なものに「ウソ」があるのは、どうも合点がイカない。

<F-8 CRUSADER 製作記> 資料2

ということで、もう一冊、密林で購入。

はじめUSA密林で購入を考えたんだけど、本は重いので送料が結構高い。
国内密林でも扱ってないかなぁと思って検索してみたら、あるじゃないですか(笑)

USA国内よりも若干割高だけど、送料を考えればチョット安い。
しかも翌日には届く。良いことづくめだわ。

ただ、最後の頁にPrinted in Japan とあって、密林が版権持っているのかな。どうでもイイんだけどね。

<F-8 CRUSADER 製作記> フラップ下げ

で、問題の前縁フラップ。

お師匠に伺ったところ「フラップの回転軸がキットは真ん中にあるけど、実機はどうも下面にあるみたい。フラップ自体台形をしているので、横にずれていってしまう」という情報を得た。

上の写真は、丁度ズレて、隙間が出来てしまった状態。良く判らない写真だけど(^_^;)

そこで、この週末、ずっと構造を考えていた。
で、結論は、お師匠の情報とおり、回転軸は翼下面にあって、、飛行状態の時、翼の中に入る部分の形状を修正すれば何とかなるんじゃないか?という結論に達した(違うかも知れない・・・全く根拠の無い推測です(笑)

<F-8 CRUSADER 製作記> フラップ検証#1

そこで、仮組み状態で、どのように横にスライドするか実験してみた。
フラップの付け根付近に線で印をして、どのように動くのかを検証。
上の写真は通常の飛行(フラップが上がっている)状態。

<F-8 CRUSADER 製作記> フラップ検証#2

キットのパーツのまま、回転軸を中心でフラップを下げると、フラップ自体が翼端方向へ横にスライドしてしまう。
これは、チョット実機ではあり得ない。

<F-8 CRUSADER 製作記> フラップ検証#3

そこで、回転軸を翼下面に下げ、そこを支点にしてフラップを下げてみると、ちゃんと隙間なく下に下がることを確認。
但し、翼の中に普段は収まっている部分が足りないため、翼上面に隙間が生じてしまう。
翼の上面に隙間が生じるということも、ジェット機のスピードを考えれば当然考えにくく、ここは、フラップの内部パーツの形状ミス、という結論に達した。

と、理屈上の説明はついたし、実際に可動するように工作する訳では無いので、この隙間を埋める方向でいくことにしよう。
ここが解決しなければ、翼を上げた状態では作れないので、今回の検証はそれなりに意義があったのかね。

もうひとつの問題。キャノピーの開閉構造。
キットのパーツのままでは、キャノピーは開かない。
ここは多分形状の問題で、どうしようもない部分なのかも知れないなぁ(^_^;)

なんとなく、このまま終わる気配・・・マズイ”(-“”-)”

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (7件)

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    フラップの形状については私も確証が無いので、今後もし不具合が出たら宜しくお願いしますね(笑)。
    修正方法が決まったので、あとは実行あるのみ。切った貼った削ったに定評のある美徳さんですから、問題なく進むと思います。
    じっくり、頑張って下さいませ。
    あと、キャノピーですね。プラモデルの宿命であるパーツの厚みが原因(の一つ)なのかと思いますが、私はクリアーパーツを弄るリスクを回避して、閉状態にしちゃいました。閉状態にしてもトラップがあるのでご注意を。

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    いつも、コメントありがとうございます。
    前縁フラップは、この考え方で、ほぼ大丈夫だと自分を信じて。
    断面などの細かい部分もチマチマと拘ってみようと思います。J型の二段フラップも、飛行中の写真などから、同じこうそうが二段になっているものと思いますが、こちらは当初の予定通り、アフター無しのストレート組に徹してみようと。
    キャノピーーは、やはりプラの厚みと、キャノピー後端ボディの絞り込みの少なさが原因かと。ここはどうしようも無いので、透明プラと機体の一部を削り込む暴挙に出ようと(笑)
    これからも御指南よろしくお願いします🤲

  • SECRET: 0
    PASS: dca51a8dd29701d5048fb3b703c01c9f
    こんばんは。
    OWMが終わって間もないのに、次回作を始めるなんて。ステキ!?
    で、宜しければ、手持ちのウォークアラウンドと古い世傑のF-8を例会へお持ちします。
    大して参考には、ならないかもしれませんが。
    別の質問ですが。
    太いスジボリを埋めたり、小改造などで使うパテは、ポリパテで良いのでしょうか?

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    むねっちさん、コメント有難うございます。
    週末の例会、楽しみにしています。ヨロシクお願いします🤲
    で、パテの話しですが、なんと言っても「シアノン」デス。
    所謂、粘度のある瞬間接着剤なんですが、アセトンが入っているかのように、プラへの食いつきは最高レベルデス。しかも今のところ、ほぼヒケは生じていません。硬化剤併用が前提ですが、筋彫りも、全く問題ナシです。難点は少しお値段が高いこと。でしょうか。
    じぶんは、もうポリパテを使うことはなくなりました。あんなにポリパテまみれになってたのに(笑)
    ググると、色々な種類のがありますけど、「DW」と云う奴ですので、お間違えのないように(^^)v

  • SECRET: 0
    PASS: 2c7bb4f7d0768dd58cb252e163f5dfec
    ご返事遅れてすみません。
    シアノンDW、購入してみようと思います。硬化剤もいっしょに。
    それでは、例会で。

  • SECRET: 0
    PASS: 2c7bb4f7d0768dd58cb252e163f5dfec
    F-8の前縁フラップですが、superheatmemorialblogspot.com に写真を見つけました。
    フラップの支点が分かります。

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    むねっちさま、しあのん、マジでお勧めです(^。^)<しつこいって🤣
    > superheatmemorialblogspot.com フラップの支点が分かります。
    前縁フラップの支点はフラップ下端にある事は分かったのですが、主翼に入り込んでいる部分の形状がイマイチはっきりしてなくて。
    サイトの紹介、ありがとうございます😊
    でも、見られない、、、💦
    あとでパソコンからアクセスしてみます❗️

コメントする

目次
閉じる