Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

追加工作

1211-1.jpgボディが完全に乾燥するまでの間に、問題のシャーシーを進めておく。
キットのシャーシーが板状なので、タイヤハウスの向こう側に景色が見えてしまう(笑)
そこで、簡単なプラ板のボックス工作で、仕切版を追加工作した。
フロントはバルクヘッドの一部分と併せて追加。
この護、フロントバンパー下のカバーを追加する予定。

1211-2.jpg
リアも同じように加工。
どうしてもプラ板で埋めきらない部分は、エボパテを盛って。
ついでに、マフラーも付けた。消音器自体はキットのパーツを加工。高さが若干ありすぎのようなので、取り付け部分を少し削ってみた。
エキゾーストパイプは、それこそ完全な丁稚アップ(笑)。まぁ、付いていないよりもマシだし、シャーシー下から少しは覗いて見えるので、塗装で楽しめるかも。
お気軽モデリングは実に楽しい(笑)

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ・・・フジミの共通板シャシーがですよ(笑)
    あの板のおかげで色々な車がでましたからね、まぁ時にはスケール違いなんて怪しいものありましたが。
    オイラ完成したら裏なんて見ないのであの板で十分、しかも必要なときにはタイヤハウスを造ればいいだけ、というスキルアップもかねてます(笑)
    基本ステア機能も要らないよねと思ってるのでフロントも棒で十分、その方が強度もあるし車高の変更も簡単だしと、なんていいこと尽くめなんでしょう。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    いやぁ、そのとおり。
    なんでもかんでも、キッチリ設計されてしまっていると、手を入れる自由度が無い・・とでも言うのでしょうかネ。「手を入れたい人は入れればぁ~」的で、楽しみながら作れるキットって、ある意味、プラモの本道かも知れません。
    アメ車キットも、あの緩さ加減がなんとも気持ち良いわけでして。
    このキットは、ひょっとすると・・・完成するかも知れません(笑)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    じゃ雨ですね(笑)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    座布団1枚ってか(爆)
    カエルが鳴くから帰ろっと<違うって・・・・(^^ゞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる