Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

コーティングケミカル

1017_001.jpg棚から引っ張り出してきた、Jo-Hanの62年型OLDS F-85。
はるか太古、まだ20代前半の頃に作った駄作。なんで今頃こんなのを引っ張り出してきたかというと・・・
それにしてもヘタクソだ(笑) 
第一、こんなツートンの内装見たこと無い(爆)

1017_002.jpgこんなケミカルを買ってみたので試してみたかったから。
写真でお判りのように和光ケミカルのバリアスコートという商品。3150円でした。
勿論実車用のケミカルで、実車での敬虔では、とても深い色合いになるのと、決して大袈裟ではなく、とっても良い感じに仕上がっていることから、なら模型ではどうよ?って軽いノリで実験。
使い方は超簡単。スプレーから付属の特殊マイクロファイバークロスなる、なんか怪しい名前(笑)の布にチョビッと吹いて、模型の表面に刷り込むように塗っえ拭きあげるだけ。

1017_003.jpg結果は・・・御覧のとおり
って、写真じゃ全然判らないけど、塗っているそばから艶と深みが出てくるって感じ。
なんせ、20年以上昔の作品で、ろくにコンパウンドも当てず、誇りをささっとティッシュで拭いただけでの実験。ケミカルを塗り込んだ後も表面を指で触ると微妙にザラザラ感が残っている感じだけど、なぜか艶々。

1017_004.jpgこれだけのために買うのはどうか?(というか1本あれば一生間に合うかも知れないので)と思いますけど・・実車に使った後も使えることを考えると結構良いかも。です。
今度、ちゃんとコンパウドで下地を整えてから、もう一度実験してみることにします。

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    バリアスコート、面白そうですね。オールズの車高の低さが、なかなか新鮮です。ボクはドイツのポリラックという実車用コーティングを仕上げに使っています。これでほぼ磨き傷は皆無になります。ただ実車に使うと、やはり磨き傷も消えて、素晴らしい光沢なんですが、撥水性と耐久性にイマイチ難ありな商品ではあるのですが。

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    なるほど・・・ポリラックですか。ググッてみました。なかなか良さそうですね~。でもチト高い(笑)
    バリアスコートの耐久性は・・・う~ん良く判らない。だって雨の日は乗らないし、殆どがカバー被っているので(汗)
    OLDS F-85、大好きな箱車なんですけど・・実車は一度も見たことありません。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる