Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

浦和工業 HD20 マイクログラインダー

過日、衝動買いをしてしまったリューターの御紹介でも。
1030_001.jpg浦和工業という会社の「HD20 マイクログラインダー」という商品。
詳細はググッて頂くとして、このリューターの良いところは、普通のコイルを巻いていないモーターを使用しているというところ。あまり電気には詳しくないんですけど、通常モーターに比べ低回転でもトルクフルらしい。
つまり低回転でも十分なトルクがでるので、プラスチック相手の作業で最大の敵『熱』による溶けが防げる・・らしい。
しかも、これまで使ってきたドレメルに比べると、メチャメチャ小さい。
チョット回してみた感じでは、しっかりセンターがでている感じと、トルクフルではあるけど、そのトルクによってリューター自体が暴れるということは無いように感じた。

1030_002.jpg
ということで、早速実験してみる。
ドナーは、モノグラムのモンテカルロSSのフロントマスク。
この手のグリルは、やっぱり抜けていたほうがシャープだよね。
グリルのモールドが、このくらいの「浅さ」だと結構色を入れるのに手間とるのはこれまでの経験から、なんとなく理解できる。

1030_003.jpg裏側から、リューターの速度は一番遅くして、コリコリと削り出す。
これまでは、本体までトルクが伝わってきてしまったことから、なかなか調子よく削れず難儀していたのが嘘のよう。とっても調子よくサクサクと削れた。
蛍光灯の明かりに透かしてみて、この位まで削れた。

1030_004.jpgその後はペーパーを当てて、徐々に薄くして、最後はデザインナイフで仕上げ。
ハッキリ言って高いけど、値段だけのことはあります。
ほんと、良いですヨ

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる