Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

メッキシルバーNEXT・・再び(涙)

0903_1.jpg前回の状態から、ホイール自体の下地をしっかりやってみた。
具体的には、プラスチック整形の課程で出来る細かい縞模様にペーパーを当てて消し、センターキャップに出来ていたヒケを瞬接の表面張力を利用して修正。
細かくペーパーを当てた後、旋盤に加えてピカールで磨き込み。
その後ミミの後ろ部分にチョコッとボディと同色のリングが見えるようにするため、下地に白を吹き蛍光を強めたグリーンをのせ、マスキングしてからグロスの黒をプワッと吹いて艶を出し・・いよいよ、メッキシルバーNEXTの再登場。
しかし・・・結果はイマイチ。前回と同じ感じになってしまった。

0903_2.jpgしかも、あんだけ手を掛けたリム内側のグリーンが・・どうもヘン。
やっぱり写真のように少しホイールが食い込んでいた方がアメリカンっぽい。(ってGT-Rなんだけど・・(笑)

0903_3.jpgそして、塗料を吹いていた時、なんか塗料の霧が少し洗いような気がして、使っているガンの口径を見直してみたら、なんと0.35㎜だった。
そこで、予備機として一応買ってあったクレオスのPS-264で、リアウイングの裏側を軽く磨いてから吹いてみたら・・・なんと!結構メッキっぽくなるではあ~りませんか!
この塗料は、勿論ある程度のスキルが必要だとは思っていたけど、それ以上に選ぶ工具によってかなりの差が出来るということか。
ベストはPS-264より高い「プロコンBOY WA プラチナ0.3 Ver.2 PS289」らしいが、チョイ高いので、不動産取得税のお知らせが来てしまった今は無理。でも、このままでは単なるシルバーに毛が生えた程度だし。

0903_4.jpg
結局、2度目のシンナー風呂に入ってもらいました(汗)

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる