Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

致命的 落とし穴にハマル

amt 1/25 1949 Ford Coupe 製作記 #2

前回、壺の49年ShoeBoxに手を出したモノの、致命的形状の変形に気づいてしまい、これはどうしたものかと考えているうちに時だけ進行し、製作は一向に進んでいません”(-“”-)”。

<1949 Ford 製作記> 歪んでる
歪んでるよね?

チョット寄って撮ってみたので、レンズの歪みはそれほど出ていないと思うんだけど・・・ボディ歪んでいる、でひょ(涙)

何度も何度も・・自分の眼が疲れてるんじゃないか?と疑って確認してみたんだけど。
これはどう見ても歪んでいるとしか云いようが無い。
ボディ右側面が後ろに向かってギュイーンと左に寄っていて、フロントウインドウのラインも右側に歪んでいるように見える。

ボディ側面だけが膨らんでいるのであれば、少しは修正可能かとも思えたけど。
これは修正不可能だぁ~(脱力)

<1949 Ford 製作記> 1985年の箱絵

これより昔のバージョンならどうだろう?

と過日アメリカから買い付けたばかりの1985年発売のこのキットを確認してみた。
アメリカには、こんな便利なサイト “Scalemates” があって、何時発売されたのか?が系統立てて判っちゃう。
流石ホビー王国。歴史が違うよなぁ(笑)

<1949 Ford 製作記> 2016頃の箱絵

もうひとつ。一番最近再販されたバージョン。
先のサイトによると2016年らしいので、3 年くらい前。

しかし、初版1962年の金型から今も製品が作られている、ということ自体、凄まじいわぁ。

因みに、このボックスには一寸前に赤箱で別売された、とっても良くできているノーマルタイヤとドラッグスリックタイヤが梱包されている。
このタイヤだけでもお買い得だと思うので、今買うならこのバージョンをお勧めします。

で、三台を並べて写真を撮ってみた。
広角なので左右はあおりが強く、判りづらい写真で申し訳ない。
左が現在制作中・真ん中が最近のもの。そして右側が30年以上前のもの。

<1949 Ford 製作記> 違う製造時期のを並べてみる

うーん、微妙だ。

最近(白いボディ)のが一番カタチ的には破綻していないように思える。
30年前の薄いカーキ色したものが、モールド的には一番キレキレなんだけど、ボディ右サイドのふくらみが、ちょっと強いみたい。
レプリカンパニーの畔蒜師匠の話では初版(1962)から、そこは問題点だったよう。
で、最新版では右側面だけ妙にピカピカ。金型磨いていたのかな。

最新版はウインドウにこのような加工がされていて、金型を改修しているのは間違いないと思うんだけど・・・残念かな、モールドがだるい(汗)

<1949 Ford 製作記> モールドもヨレヨレ

メイドイン中華なので、射出技術の問題なのか?
AFVやAirモデルではかなり細かいところまで出来ているのに、これまた不思議な現象。

<1949 Ford 製作記> 不思議な現象

参考までに、30年前のボンネットを現在製作していた歪んだボディに乗せてみると、あれだけ苦労して辻褄合わせをしたボンネットが、何事もないかのように綺麗に収まった(笑)

あの苦労は一体なんだったのだろう・・・・

<1949 Ford 製作記> 時期違い4種

そこで、実家の倉庫を漁って、チョット前(2008年)に再販されたオールドボックス仕様(左下の黒いボディのもの)も引っ張り出してみたりしたけど・・
結果は、あまり知らない方が良かったかも的(^^;)

この2008年モデルころからアメリカ産では無くなっているんだけど、これは歪みが酷い。
模型仲間の情報では、型を抜いた後、ちゃんと冷えていない状態で袋詰めされたような感じ。
これはサイテー。どうにもならん。
ということで、この2008年バージョンをお持ちの方は一度確認された方がヨロシイかと思います(笑)

もうひとつ、気になっているのが、リアの絞り込み具合。
キットの状態では、フロントフェンダーとリアフェンダーでの幅がリアの法が狭い。
しかもかなりの曲率でテールライトに向けて絞り込まれている感じ。

そこで、大昔に買った写真の本を引っ張り出して、三面図が無いか?確認してみたんだけど・・・・

<1949 Ford 製作記> 資料本#1
<1949 Ford 製作記> 資料本#2

シャーシーの図面はあるのに、肝心のボディの図面は「ない」。うーん、これは参った、降参。

現在作りかけのボディを「そのまま作る」という選択枝もアリだけど、磨いている段階で嫌になるのは明らか。
仕方ないので、モールドのシャッキリしている1985年モデルに鞍替えして製作を継続することとした。

いやぁ、こんなところに落とし穴があるとは夢にも思いませんでしたわ(^^;)

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

目次
閉じる