Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

One Week Modeling その弐

ハセガワ 1/48 九七式戦 製作記 #2

実質、残すところ明日まで。
その後は平日仕事で夜も殆ど時間は無いので、明日までに塗装が終わっていないと、完成しない〜白旗挙げてしまう可能性が高い。
かなり焦りが出てきた”(-“”-)”

【三日目】

<九七式戦闘機 製作記> 上反角

一応、ひこーきモデラーのフリして、上反角の固定などをしながら、翼同士はシアノン+硬化剤。
翼の付け根は流し込み接着剤で固定。
こうなると暫く工作は進まない。

という訳にもいかないので、カウリングの表面処理、型の抜けの都合で甘くなった凹線を彫り直したり、リベットを打ちなおしたり。
結構やることが多い。

<九七式戦闘機 製作記> 表面処理延々と

因みに、このキット。相当年数を経ているのか、プラ用の接着剤ではなかなか溶着しなかった。
個体差があるんだろうけど。

そして、一番丁寧に工作したのが、フレットの付け根部分。
国産機の一番美しい部分だと思うんだけど、このキットは、ここが綺麗に繋がっていないのが唯一気になった。
こういうところは時間が無くても丁寧かつ慎重に形状を整え・・・。

機首につくアンテナ柱はイモ付(マジカ・・・笑)。
これぢゃぁ、アンテナ張った途端折れるのは必須なので、ちゃんと芯打をして補強。

チマチマとプロペラも表面処理をしていく。
なんか、こんなもんかなぁ、とプロペラ形状見て思うし、基部の形状ももう少し複雑なようなんだけど、資料と見比べたりしない(^_^;)

それにしても、当時、機体全面にこの細かいリベットをモールドするのは、とても高い金型だったんだろうなぁと思う。
今の眼で見ても、とても素晴らしいモールドだわ。

【四日目】

<九七式戦闘機 製作記> プッシュロッドが・・・

4日目の朝。
まだ塗装の準備は出来ていない・・・
というか、エンジンのプッシュロッドが一本折れて四次元空間に既に吸い込まれた後だった。

しかもこの部分だけ、妙に型がズレていて、塗装したりスミ入れたりしたら手を抜いたのがミエミエだなぁ、と考えること・・・実は三日間(笑)。
意を決して、プッシュロッドを張り替えることにして、プッシュロッドの先端付け根になるであろう部分(なんて云う部分なのか知らない)にプラ片をひとつずつ整形しては接着し・・・なんとか9気筒分18個の追加工作終了したのは昼頃(笑)

そそこくさと、整形の終わったパーツをクルマに積んで作業部屋へ。

<九七式戦闘機 製作記> シャドウ吹き

今回初めて黒立ち上げ?ライン吹き? 
なんていう名前かは知らないが、よく雑誌なんかで紹介されている方法で、まずはジャーマングレーを凹線にそって細吹き。

いやぁ、自分でも嫌になるくらいヘタクソ(笑)

<九七式戦闘機 製作記> 日の丸の下地

敵味方識別帯(なのか?よく判らないけど、ライフライクの塗装指示では、そうなっている)の白部分だけ吹く。
これは先のライン吹きを活かすため。

白は、チョット黄色にふりたくて、真っ白では無く調色したんだけど、下地のグレーが透けるせいか青っぽくなってしまい、めっちゃ気に入らない状態になってしまった。
でも重ね塗りしている時間は無い。

さっさと乾燥機にぶち込んで、マスキングテープが貼れるくらいになるまで乾燥させた。
ということは凄く薄吹き出来てる証かな(笑)

<九七式戦闘機 製作記> 明灰白色

そして明灰白色。
どっかのサイトで読んだ「ガルグレーと1対1で混ぜるとちょうどいい」という記事を信じ、そのように1対1で調色。

個人的な感想では、もう少し白っぽいイメージなので、次に色を塗るときはガルグレー1に明灰白色2の割合にしてみようと思う。
本当は試し吹きとかして、色味の確認を行うのが盤石なんだろうけど・・・そんな時間の余裕も無かった。
本当は、この段階で胴体の青と赤の帯も先に塗装する予定だったんだけど間に合わず。

<九七式戦闘機 製作記> 白旗挙げるのか?

どう考えても間に合いそうにない。
まぁ、いくら倶楽部のイベントだからといって模型ばかりやっている訳にもいかず。
家庭の用事ってのも当然アルわけですからネ~(笑)

実機がどうなっていたのは全く判らないけど、単色だし、地味(だと思っていた)なマーキング塗装なので、機首周りはピカピカにしよう作戦決行!
エンジンのパーツとかは金色に粒子の粗い銀色を混ぜたので吹いてみたり、プロペラ表面はメッキ処理に近づけるため、ワンショットペイントのエナメル黒を吹いてトロトロの表面にしたり、結構好き勝手に遊びました(^_^;)

模型は楽しいのが一番さ!

<九七式戦闘機 製作記> 撃沈かも

ということで、当初の目論見の「四連休で塗装まで終わらせる」計画は見事に達成できず、ここで撃沈。

この時点で、白旗決定か・・・・と一週間での完成は半分以上諦めた。

それにしても綺麗なモールドだよなぁ〜。

でもね・・・綺麗なだけにペーパー当てて整形したところも同じようにモールドを復活させてやらねばならず、思いの外、表面処理に時間がかかった・・というのが本音。
次に作ることがあれば(キットは持ってる)、もう少し表面処理に時間をかけてあげたいもんだ・ナ。


その参に、 つ づ  く

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    時間が無いわりには、プッシュロッド全作り替えとか拘りましたね。
    まぁ、なんでもいいから完成、だけでは満足度が下がりますから。
    ある程度のことはやらないとですね。
    でも、自宅で塗装できないのはハンディですね。
    次回は 360 hours challenge にしましょうか。

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    やっぱ、一作一作、何かにチャレンジしていかないと、惰性に陥ってしまって完成しない病が発症してしまいますから。
    今回のテーマは、日の丸塗装だったんです。実は未経験者(笑)
    プッシュロッドは余計な工作で、時間ばかり掛かってしまいましたが、良い経験にはなりました👍
    > 次回は 360 hours challenge に、、、
    一ヶ月もあったら、多分完成しない(^^;;

  • SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    > 次回は 360 hours challenge に、、、
    > 一ヶ月もあったら、多分完成しない(^^;;
    計算、間違ってませんか?

  • SECRET: 0
    PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
    おはようございます☂️
    > 計算、間違ってませんか?
    あ、やっぱり(^_^;)
    一ヶ月は長いなぁ、と思ったんだけど、思考回路が既にスリープ状態だったので、何をどう計算したのやら😝
    メメント!観終わりました。超難解&素晴らしい。
    ネタバレ読んで、もう一度。

コメントする

目次
閉じる