Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

Monogram 1/24 1936 Ford Coupe 製作記 #5

前回の更新から早10か月。久々の更新デス(;^ω^)

大体形が出来てきちゃうと、脳内完成してしまって、もう次のモデルに着手したい気持ちが高まるため、ちょっとしたコトで作業に行き詰まると、いとも簡単に放置民になってしまうという。
困ったもんです~永遠の課題だなぁ(笑)

今回停まった原因は、ボディとフロントフェンダーとのチリあわせをどうやろうかと迷い、良い方法が見つからなかったため。
机の上にはいつも置いてあるので、ヒマがあればボディを取り上げてうだうだとこねくり回していたものの、名案浮かばず。

ところが・・そいつ(閃き)は突然やってくるもんです(笑)。

<1936 Ford Coupe 製作記> フロントフェンダーとのチリ合わせ

そう、写真のようにフェンダーと接する部分を前に延ばしてやれば、曲線を描いているフロントフェンダー部分と比較的簡単にチリあわせが出来そうということに気づいちゃった(^^♪

思い立ったが吉日。
早速、ギュイ~ンと切りとばし、現物あわせであたりを付けて接着。

<1936 Ford Coupe 製作記> ボディサイド削りすぎた

ボディ中央部に出来てしまった「間」にはプラ板を挟み込んで、瞬接でガッチリ固定。180番ヤスリで豪快に削り・・・

おっと、どうも180番は面白いように削れてしまうので、ボディサイドのラインがどうも直線的になってしまった。
あわてず騒がず。
ドアラインのスジボリをした後、ロックのクレンジングパテを写真のように盛り、ドアラインを軽く撫でたところ。

ここで停まらないようにしないと・・・

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる