Wordpress + SWELL でサイトを再構築中

1ミリちょっと下げてみた

Page Contents

Revell 1/25 1948 Ford Coupe 製作記 #

毎日出勤前に「どうかな?」 帰宅後に「どう?いける?」と新鮮な眼で見てみても、やっぱりグリルを少し下げた方が良さそうという結論に達した。

決めたら後は手を動かすだけ。
幸い今日も雨模様。
本当なら畑の手入れもしなくてはならない時期なんだけど(笑)

ボンネットのチリを合わせた部分は触りたく無かったので、上の写真の位置で切断。
切り取った部分を、だいたい1ミリチョイ下に下げて接着。
このときは左右のズレには十分注意(したつもり)。

たったこんだけ?と思うけど、25倍すれば3センチ弱なので、この差は大きいですよね。

因みに愛機RICHO CX1 のホワイトバランスがイマイチなので今日はEOSで撮っ てます。

あとは、ひたすらシアノンを盛っては削り、もっては削りの繰り返し。
前回悩んだフロントコーナーは50年F100デザインを尊重して丸めるコトに決めて「ボリボリ」「ボリボリ」。

ついでにフロントのホイールアーチ前端が斜めにフロントエプロンへ続いているラインが好きぢゃないので、そこもライン修正のためシアノンを盛り盛り!

好き勝手にリスタイリング出来るのが、車模型の醍醐味だと常々思うよ(笑)

完璧に合わせた!と思っていたボンネットのチリ合わせがなぜか隙間が空くようになってしまったの、そこも含めて、ひたすら「ボリボリ・ボリボリ」。

リアフェンダーのホイールアーチも形だし <なんかイマイチ(笑)
今は右側だけなので、納得いくまで形状だししたら型紙を作って左側を整形する予定。
今はフェンダーフレアをつけるかどうか悩みちう。

併せてフロントフェンダーに刻まれているラインも、リアに向けて弧を描くように削り込んでみようかな。

こういう風に考えている時が一番楽しいね!

当サイトで使用しているサーバー・WordPressテーマ「SWELL」と、ウィルス対策ソフトです。
ブログをこれから始めよう~乗り換え予定の方まで、どれもお勧めです。

  • URLをコピーしました!

叱咤激励・四方山話等々 お待ちしています

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

Page Contents
閉じる